24750円 [ダブルエイチ] メンズ カーフレザー コインローファー 干場氏別注モデル WHS-0505(ブラック) シューズ&バッグ メンズ シューズ [ダブルエイチ],24750円,コインローファー,/indivisible43841.html,メンズ,WHS-0505(ブラック),カーフレザー,hsautomacao.com.br,シューズ&バッグ , メンズ , シューズ,干場氏別注モデル [ダブルエイチ],24750円,コインローファー,/indivisible43841.html,メンズ,WHS-0505(ブラック),カーフレザー,hsautomacao.com.br,シューズ&バッグ , メンズ , シューズ,干場氏別注モデル ダブルエイチ メンズ カーフレザー コインローファー 引出物 干場氏別注モデル ブラック WHS-0505 ダブルエイチ メンズ カーフレザー コインローファー 引出物 干場氏別注モデル ブラック WHS-0505 24750円 [ダブルエイチ] メンズ カーフレザー コインローファー 干場氏別注モデル WHS-0505(ブラック) シューズ&バッグ メンズ シューズ

ダブルエイチ メンズ カーフレザー コインローファー 引出物 干場氏別注モデル ブラック WHS-0505 予約販売品

[ダブルエイチ] メンズ カーフレザー コインローファー 干場氏別注モデル WHS-0505(ブラック)

24750円

[ダブルエイチ] メンズ カーフレザー コインローファー 干場氏別注モデル WHS-0505(ブラック)

商品の説明

*当店はWH(ダブルエイチ)の正規販売店です。
こちらのモデルは正規代理店オリエンタルシューズ株式会社より入荷しております。

【WH(ダブルエイチ)】
「WH(ダブルエイチ)」は、自身のブランド「ヒロシ・ツボウチ」をはじめ、世の中に数々の名靴を送り続けているシューズデザイナーの坪内浩と、テレビやラジオ・雑誌など、メディアの枠を越えて活躍するファッションディレクターの干場義雅という、全く異なった二人の出会いによって誕生した新しいメイド・イン・ジャパンのシューズブランドです。
ブランド名である「WH(ダブルエイチ)」は、二人のイニシャルである「H」。
坪内浩がこれまで培ってきた靴作りの技術や経験と、干場義雅が様々なメディアで提案してきたラグジュアリーなライフスタイルなどの、二人の感性や経験のベストミックスによって生まれました。
イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、アメリカなど、様々な国々の靴を見続けてきた二人が、「東京発の靴を世界へ」という想いのもと、世界各国の良い部分を踏襲しつつも、どこの国にも属さないものとして考えて作られています。

【カーフレザー コインローファー 干場氏別注モデル WHS-0505】
爆発的な人気を博するWH(ダブルエイチ)より、販売店舗が全国でごくわずかの店舗のみに限られたスペシャルモデルのコインローファー、WHS-0505をご紹介いたします。
WH(ダブルエイチ)最大の特徴であるコバとソールを厚くすることにより、足長効果を生みスタイルが良く見える仕様です。
イタリア製の発砲スポンジを使用したビブラムタンクソールを使用しているため、見た目の重厚感を覆す超軽量な履き心地を実現しています。
また、長時間履いても疲れにくくするため、スニーカー的な作りを重視し中敷きにカップインソールを入れるなど様々な工夫が施されています。
ワードローブに加えておきたい万能なデザインが魅力の定番のコインローファーを干場氏スペシャル仕様にし、絶妙なボリュームがトレンド感あるデザインになっております。

【商品番号】
10015063

【モデル】
WHS-0505(干場スペシャル仕様 ヒール3mmUP/コバ3mmUP)

【サイズ】
6.0:24.0cm~24.5cm
6.5:24.5cm~25.0cm
7.0:25.0cm~25.5cm
7.5:25.5cm~26.0cm
8.0:26.0cm~26.5cm
8.5:26.5cm~27.0cm
9.0:27.0cm~27.5cm
9.5:27.5cm~28.0cm

【素材】
アッパー:レザー(アノネイ社製カーフ)
アウトソール:ラバー(Vibram社製タンクソール)

【ディテール】
・ラスト(木型):TOOL-442
・製法:セメンテッド製法

【原産国】
MADE IN JAPAN

【注意】
*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
*表面に染みやキズがある場合がございますが、天然皮革の特性としてご理解ください。
*ぴったりとしたサイズピッチではありませんので、あくまで目安としてお考え下さい。
*付属の外箱に傷、汚れ、潰れ等がある場合がございますが商品に問題はございませんのでご安心ください。
*店頭販売をしております。在庫状況の変動は出来る限り反映するようにしておりますが、ご注文いただきました時点で売り切れになっている場合がございます。

[ダブルエイチ] メンズ カーフレザー コインローファー 干場氏別注モデル WHS-0505(ブラック)

2021年11月9日火曜日

『科学哲学の冒険』を読んで社会構成主義者を撲滅しよう

ネット界隈での言い争いで、主張が科学的におかしいと批判されると、科学も社会から影響を受けるもので絶対ではないと言い出し、自説を維持しようとする人々がいる。主張の科学的根拠の信憑性ではなく、科学全体を疑いだす論点すり替え論法と言う詭弁なのだが、あえて話を逸らされてみると、科学と言う営みの正当性どころか、そもそも科学とは何かを説明するのも難しいのが分かる。

2021年11月8日月曜日

オープンレター「女性差別的な文化を脱するために」は、人格への中傷ではなく、主張への批判に対して、社会的制裁を加えろと呼びかけている

ネット界隈でよく表現の自由戦士に批判されている武蔵大学の北村紗衣氏らが差出人となって、「女性差別的な文化を脱するために」と言うオープンレターを公開している。このオープンレターでSNSでの振る舞いを非難されている人物が歴史学者が、問題のSNSでの振る舞いを理由に不当に任期無し雇用への昇格を取り消されたと所属先を訴えたことで、再注目されているのだが、言論の自由を強く抑圧しようと言う主張になっているので注意したい。

2021年11月3日水曜日

第49回衆院選挙で立憲民主党が議席を減らした理由

ネット界隈では2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で立憲民主党が公示前から議席を減らしたことに関して、立憲民主党の関係者でもないのに反省会が開かれている。政策にしろ、選挙戦術にしろ、多くは枝野幸男代表に敗因があるとしているのだが、どちらかと言うと、自民党の狡猾さ、菅前総理の辞任と岸田総理の早々の解散を称えるべきだ。

2021年11月1日月曜日

コロナ禍によるマスクの品薄が2020年5月に解消したのは中国からの輸入が増えたからで、アベノマスクはほぼ寄与していないよ

安倍政権のときに公衆衛生や経済の専門家に相談もなく唐突に配布した感染予防効果が低いとされる布製のマスクの在庫が未だにあり、それの管理にコストがかかっていることを会計監査院が指摘したと言う報道*1を受けて、「アベノマスク配布によって、不織布マスクを買い占めていた転売屋が焦って一気に在庫を吐き出した」と言い出した人々がいたのだが、各世帯に僅か2枚しか配られず、ほとんどの人が利用もしなかったマスクと、実際のところ在庫を抱える能力が大して無い転売ヤーの市場支配力を過大評価しすぎなので指摘したい・・・と思っていたら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるマスク需要の急増がマスク不足と価格高騰の理由で、4月から輸入が急激に伸びて問題が解消されたことを、しっかりデータを拾って時系列を整理して指摘するエントリーが既にあった(アベノマスクによる在庫放出論について - 電脳塵芥)。

2021年10月31日日曜日

租税貨幣論は古代日本の貨幣をよく説明しない

税で貨幣を回収することが、貨幣価値を維持し、貨幣の流通を促進しており、何かの実物資産の本位制である必要も、支払手段の強制も必要がないと言う租税貨幣論*1が、古代日本の貨幣によく当てはまると言う話を見かけた。しかし、検討してみたのだが当てはまりは悪い。税と無関係に流通していた私鋳銭もあり、政府貨幣も絹布けんぷ麻布あさふとの納税時公定交換レートが通貨価値を定めており、支払手段の強制もされていた。

2021年10月22日金曜日

出産適齢期の女性の労働力率と合計特殊出生率には負の相関があるよ

女子の進学率と収入を低く抑えるのが少子化対策の最適解と言う主張の反論に、女性の労働力率と合計特殊出生率との間に正の相関があると言う反論が加えられていたのだが、どちらも問題があるので指摘したい。

まず、女子の進学と就業を減らすのは少子化対策に有効かも知れないのだが、それが女子の厚生改善もたらすとは限らないので最適解とは言えない。少なくとも自明ではない。

2021年10月20日水曜日

日本共産党の皆さん、「子どもを性虐待・性的搾取の対象とすることを許さない社会的な合意」は既にあるよ

日本共産党が2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙にあわせた総選挙政策で、非実在児童ポルノの規制を訴えていると話題になっている*1。表現の自由戦士の皆さんの批判をざっと眺めてみたのだが、さらっと入れられている誤った前提に気づいていないようだ。「非実在児童ポルノは…誤った社会的観念を広め」に気をとられすぎ*2

2021年10月18日月曜日

OECD加盟国に限っても、ジェンダーギャップ指数と合計特殊出生率に正の相関はないよ

ジェンダーギャップ指数はかなり癖がある指標で*1、何かの分析で使うのにはお勧めできないのだが、先進国において「ジェンダーギャップ指数が高い(男女格差が少ない)ほど、出生率は高まる傾向」などと言い出す人々をぽつぽつと見かけるようになった。そんな話を請け売りしている社会学の大学教員もいるのだが、そんな傾向は明らかには観察されないので指摘したい。

2021年10月17日日曜日

ネット界隈の侮辱や名誉毀損の取り締まりを厳しくすることは可能なのだが

ネット界隈の罵詈雑言を問題にしたONLINE SAFETY FOR SISTERSなる社会運動をはじめようとした石川優実氏らフェミニストの皆様なのだが、そのウェブページの一文が批判され、さらに批判への対処方法が多数から非難される炎上状態になっている*1。この件に関しては石川氏の対処に非があると思うが、法律によってネット界隈の罵詈雑言を止めようと言う主張自体は一考に価する。

2021年10月15日金曜日

美味しいコーヒーを淹れる5つのコツ

秋が深まりホットコーヒーが美味しくなる季節だが、美味しいドリップコーヒーを淹れる5つのコツがリストされていた*1。ちょっと教条的なその内容をざっと順番を変えて紹介すると、